2017.06.21

コリウス

Cjskoriusmg_0004

コリウスです。しそ科。別名=にしきじそ(錦紫蘇)。初夏から秋に見られる。
真上からの、俯瞰撮影です。パターンに注目しました。

今日は、久しぶりに雨が降りました。梅雨というのにけったいなことです。人間を長いことやっていればいろんなことがありますが、全体に温暖化してきたことは事実のようです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.06.16

くちなし

Icjskuchinasimg_0006

くちなし(梔子)の花です。あかね科。別名=せんぷく。

一重のものは、早咲きで、八重は遅咲き。匂いが良い。実の口が開かないことから、「口なし」となったそうです。

久世神社参道横で撮影。

梅雨入りしましたが、雨が降りません。どうなったんでしょう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.06.11

あじさい

Cjsajisaiimg_4714

近所のお宅の軒端に咲く「あじさい(紫陽花)」です。ゆきのした科。日本原産。
梅雨の気候に似合う花です。

もう少しで私は誕生日を迎えます。テニス仲間などから、年れを聞かれた反応は、以前は、まだ若いや。と言われたもんですが、最近では、そうか・・・になりました。えらいことです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.06.06

びようやなぎ

Cjsbiyouyanagiimg_4722

びようやなぎ(未央柳)です。おとぎりそう(弟切草)科。中国原産。別名=美女柳。

長い「おしべ」が特徴。

もう、テレビの天気予報では、梅雨入り近しと報じています。じとじとした季節がやってきます。湿気が多いのか、肘の手術跡が痛みます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.06.01

ぐみ(実)

Cjsgumiimg_0007_2

ぐみ(茱萸)の実です。ぐみ科。

子供の頃、生家の上の方にあった、ぐみ(茱萸)は、今のように、おやつのあふれている時代と違って、貴重なおやつでした。甘く酸っぱかったことを思い出していました。

含む美(実を口に含んで、皮をベッと出す意味)が変化して「ぐみ」になったとのことです。

<参考>季節の花300・茱萸(ぐみ) の項


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.05.26

きしょうぶ

Cjskisyoubuimg_0005

きしょうぶ(黄菖蒲)です。あやめ科。

正道池の雑草と一緒に咲いていました。いろんな花や草が競争しながら緑を演出しています。春が深まってきています。季節は春ですが、暑さは夏の気候です。テニスしてきましたが、汗が出ました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.05.19

エケベリア(花)

Cjsekeberiaimg_4670

エケベリア(花)です。べんけいそう科。中央アメリカ(主にメキシコ)。別名=七福神。

多肉植物の一種です。自宅近くの軒端で栽培されています。2017/02/15「軒端の多肉植物」で投稿しました。この時には花が咲くとは思っていませんでした。目づらしい花です。

午前中テニスをやりましたが、今日は暑かった。

<参考>季節の花300・エケベリア の項

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.05.14

深緑

Midorifukaimg_4646

緑が深まってきました。そして、熱くなってきました。一気に夏の気候です。一昨日にテニスをしましたが、熱くてしんどかったです。気候の良い春が短くなってきたんです。温暖化現象なんでしょうか。

久世神社参道横の三角公園を撮影。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.05.11

もっこうばら

Cjamokkobaraimg_4649

もっこうばら(木香薔薇)です。ばら科。

最近、住宅の庭に多く見られます。ばら(薔薇)の枝には、とげ(棘)があることが常識ですが、もっこうばら(木香薔薇)にはとげ(棘)がありません。かすかな匂いがします。もっこう(木香)はこのことからきているとのこと。賢くなりました。

連休も終わってしまいました。息子夫婦とテニスしたぐらいで過ぎてしまいました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.05.01

つつじ

Icjshiradotsutsuimg_4592

Cukirisimatsutsji2_1

つつじ(躑躅)です。つつじ科。

桜が散って、新緑となり、つつじの季節になってきました。一年で一番うれしいときです。つつじは、たくさんの種類があり、見るものを楽しませてくれます。上の写真が、ひらどつつじ(平戸躑躅)、下の写真が、きりしまつつじ(霧島躑躅)と呼ばれています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧