2017.04.20

元京都フラワーセンターの今(4)

Cfsimaimg_4651

一年ぶりに元京都フラワーセンターを訪れました。最盛期には、今頃人でごった返したと思います。今は、誰もみませんでした。ケシと芝桜が目立ちました。新緑を迎えようとする園内は静まり返っていました。
タブレットに入れ込んでいます。よくできているんで感心しています。花の名を判定するアプリを知りました。試してみましたが、まだ、精度には不満が残りましあt。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.04.04

京都フラワーセンターの今(3)

Ckfimaimg_4174_2

久しぶりに元京都フラワーセンターに行ってきました。花もなく、人影もありませんでした。変わっていないのは、桜と銅像でした。廃園されて5年になるんでしょうか。数年前は、桜の咲くころは、人々で込み合っていました。
「なんとかの夢のあと」とはこういうことかと勝手にセンチ状態に陥っていました。

2016/04/03に撮影。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.04.26

元京都フラワ^センターの今(2)

Cfshanaseiimg_0733

元京都フラワーセンターの広場などは、一月から閉園されていましたが、3月末から再開されたことをネットで知っていましたので、好天にも誘われて訪れました。新緑に包まれ園内で、彫刻「花精」が頑張っているように私には思えました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.09.10

がま

Kfgamap1050507_2

がま(蒲)の花穂です。がま科。別名=みすくさ(御簾草)。

去る9月7日に元京都フラワーセンターで撮影したものです。ハスなどが栽培されていた水生花園(今は古池)にしげっていました。

池や沼などの浅い水中に生え、夏から秋にかけて、茶色の花穂が目立ちます。そして冬になると花穂から綿毛(種を内含)がフンワリと飛び出すとのことです。

今日は夕方から雨が降っています。最近の夕立ではありません。明日は雨とのこと。雨が恋しかった。

<参考>季節の花300 ・ 蒲(ガマ)

最新情報>2013/04/01

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.09.07

初秋の元フラワーセンター

Kffueawsentap1050516

元京都フラワーセンターの園内跡です。枯れかけたハス池の堤には「ひがんばな(彼岸花)」が咲いていました。公園部分は、「京都府大精華キャンパス」となり、水曜日から日曜日まで公開されていますが、ウィークデイのためか静かで花々が伸び伸びとしているように見えました。それでも綺麗に整備されていて気が晴れました。
今年は何時までも夏のような暑さが続き、夕方には雷を伴ったゲリラ豪雨です。どうも異常気象です。

久しぶりに元京都フラワーセンターにいってきました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.07.06

蔵出写真「はす池」

Kfhasuikedscn0628

7月初旬の京都フラワーセンターのはす(蓮)池です。はす(蓮)のシーズン迎えようとしています。今では池にははす(蓮)は栽培されていません。懐かしい一枚です。

私のブログで一番多く検索されるのは、京都フラワーセンターです。今持って京都フラワーセンターの姿を忘れないで懐かしむのは私だけでは無いようです。

2000/07/02に撮影したものです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.04.13

桜日

Kfsakurap1040747

元京都フラワーセンターの桜です。訪れる人も少なく、雨後で、人里離れた所なんで空気が澄んでいるためでしょうか、鮮やかでした。これが本当の桜色ではないかと思いました。公園であったころは、今頃の季節は多くの人々で賑わっていました。

昨日(2012/04/11)の午前中に撮影したものです。

元公園部分は、水曜日から日曜日まで公開されています(無料)。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.03.24

蔵出し写真「球根ベゴニア」

Kfkyukonbegoniadscn0365

元京都フラワーセンターの球根ベゴニアです。懐かしい写真です。このセンターは今では、京都府立大学の付属農場になっていて、公園部分は一般公開されています。(月、火曜日を除く。)

2001/03/23に撮影したものです。

昨日は大雨が、今日はヒョウが降る荒れた春の嵐でした。もうすぐ暖かい春がやって来ます。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.03

蔵出写真「どうだんつつじの紅葉」

Kftoudantsutsujidscn1148_2

どうだんつつじ(灯台躑躅)の紅葉です。もみじ科。
春には白い壺のような形の花を咲かせますが、晩秋になると葉っぱが真っ赤な炎のような紅葉になります。枝分かれする形が灯台に似ていることからこの名が付いたそうです。

2002/11/14に京都フラワーセンター(現在、京都府立大学付属農場)で撮影した懐かしい一枚です。

<参考>季節の花300 ・ 灯台躑躅(ドウダンツツジ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.11.15

蔵出写真「さがぎく」

Kfsagagikudscn1204

さがぎく(嵯峨菊)です。きく科。

勤労感謝の日がちかくなると、嵯峨菊のことが思い出されます。細い花弁が花火のよだったことが印象的でした。
大覚寺ゆかりの菊で、11月中「嵯峨菊展」が開かれています。

なお、元京都フラワーセンターは京都府立大学付属農場として再出発しており、現在は公園部分が水曜日から日曜日まで無料公開されています。花は観られませんけど。

2002/11/23に撮影したものです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧