« 彫刻「平和の調べ」 | Main | 彫刻「軌跡の器」 »

2010.02.15

しろなんてん(実)

Ursironantenp1000361

しろなんてん(白南天)です。めぎ(目木)科。中国原産。
難を転ずるという語呂あわせから、魔よけの木として信じられています。
なんてん(南天)の実とといえば赤色ですが、白色もありました。今日は朝から雨で、雨粒が印象的でした。AFマクロ撮影モードで撮影しましたが、流石、ライカのレンズです。コンパクトデジカメでここまで写るんですから驚きです。進歩したものです。新機能を使いこなそうと楽しんでいます。

久しぶりに宇治に行って、雨のさわらびの道を歩いてきました。寒くて雨で散策する人々はまばらでしたが、また風情がありました。

|

« 彫刻「平和の調べ」 | Main | 彫刻「軌跡の器」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference しろなんてん(実):

« 彫刻「平和の調べ」 | Main | 彫刻「軌跡の器」 »