« 彫刻「母子像」 | Main | 紅葉残照 »

2008.11.28

ふうりんぶっそうげ

Ikf-fuuribusougemg_1300.jpg

ふうりんぶっそうげ(風鈴仏桑華)です。あおい科。東アフリカ原産。

ハイビスカス(仏桑華)に似ていて、風鈴のように下に長く伸び形からこの名が付けられたそうです。

私は、クラゲか落下傘のように見えました。変わった形の花でした。

京都府立植物園の温室で06/11/22に撮影したものです。

<参考>shu(^^)Homepage ・ ふうりんぶっそうげ(風鈴仏桑華)

あと3日で12月です。「冬ごもり」の季節がやってきます。最近では雪も少なくなり、都会では特に生活に変わりがありませんが、子供のころ大江山山麓では、冬になれば雪が窓を塞ぎ家の中は真っ暗で、昼でも電気の光で生活しました、文字どうり冬ごもりでした。そんなことを懐かしく思い出しました。

|

« 彫刻「母子像」 | Main | 紅葉残照 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11525/43255699

Listed below are links to weblogs that reference ふうりんぶっそうげ:

« 彫刻「母子像」 | Main | 紅葉残照 »