« 夏木立 | Main | のうぜんかずら(2) »

2008.07.09

古跡「手習」

ur-tenaraikosekiImg_9313-1.jpg

源氏物語宇治十帖の古跡「手習(てならい)」です。

手習いの筆の穂先のような形をしています。石碑は、昭和になってから建てられたとのことです。府道京都宇治線を、宇治橋から300メートルほど京都に向かって行った左側にあります。

昨日は、雷を伴った大雨が降りました。もう梅雨が明けそうな雰囲気です。私は、昨日はそんな中、大阪で開かれた中学・高校有志のクラス会に出席してきました。なにしろ、60年ぶりに会った級友もあり、当時の面影を完全には取り戻せないまま終わってしまいました。それでも懐かしいひと時を過ごすことができました。段取り役の幹事さんに感謝です。有難うございました。お世話さまになりました。

|

« 夏木立 | Main | のうぜんかずら(2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11525/41783759

Listed below are links to weblogs that reference 古跡「手習」:

« 夏木立 | Main | のうぜんかずら(2) »