« 夏近し | Main | 彫刻「追想」 »

2008.04.29

どうだんつつじ

js-toudantstsji287_8726.jpg

どうだんつつじ(灯台躑躅)です。つつじ科。満天星躑躅とも書く

枝分かれしている形が、燈台(燈明台、燭台ともに)ににていることから、とうだいつつじ」になり、 さらに次第に変化していって 「どうだんつつじ」になったそうです。秋には真っ赤に紅葉します。この花が、つつじ(躑躅)の仲間であることはあまり知られていないように思います。私も今回知ったばかりです。              
 
散歩で行った正道廃寺で撮影しました。

今日は暖かかった。世の中は連休です。若かりし頃は、自動車で家族そろって大江山山麓の田舎に帰ったものです。今頃の大江山山麓は新緑渓谷です。幸い第三の故郷である城陽も新緑に包まれています。有り難いことです。

<参考>季節の花300 ・     灯台躑躅(どうだんつつじ) の項 

|

« 夏近し | Main | 彫刻「追想」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference どうだんつつじ:

« 夏近し | Main | 彫刻「追想」 »