« アガパンサス | Main | 彫刻鑑賞 »

2007.07.10

ランタナ(2)

Jsrantanaimg_6309

ランタナです。熊葛(くまつづら)科。
同じ茎から違った色の花を咲かせることから、「七変化 (しちへんげ」とも呼ばれています。不思議な花です。この季節に咲く「あじさい」に似ていると思うんですけど。

<参考>季節の花300・ランタナ の項

昨年9月からほぼ週一回開催されました「京都sky大学」も今日が最終回でした。出席率は75パーセントです。来週の閉校式では修了書が貰えそうです。10カ月間、私は齢を重ねていても、何も分かっていなかったことを思い知らされました。来年度は京都では「源氏物語千年紀事業」が計画されていますし、、「歴史・文学コース」に挑戦してみようかと思っています。なにしろ会場が京都府立大学で、京都府立植物園の隣ですから、花も撮影できるわけです。まさに一石二鳥ですから。

|

« アガパンサス | Main | 彫刻鑑賞 »

Comments

府立植物園までは中々足を伸ばすことはないのですが、教養講座のついでであれば、気楽に行けそうですね。

ランタナはクマツヅラ科なのですか。 去年、ガーデンセンターにあったハーブ苗にバーベインを良く知らないまま購入したのですが、それの和名がクマツヅラだとか。
お花はランタナほども派手でもないのですが、接写用の被写体にはなってくれています。

Posted by: クルンテープ | 2007.07.10 at 09:36 PM

コメント有難うございます。
府立植物園までは、京都駅から地下鉄でスグなんですがなかなか行けませんでした。フラワーセンターも宇治市植物公園も随分長く撮っていますので、週に一回ですが今度は府立植物園を写したいと思っています。

Posted by: hisaki | 2007.07.11 at 12:04 PM

 いくつになっても、(学ぶ意欲)を持ち続けていらっしゃるところが、ご立派ですね。
一年間、お疲れさまでした。

 来年は、『源氏物語』ですか。
『あさきゆめみし』という漫画をお読みになれば、源氏物語のストーリーがよくわかりますよ(笑)。(ブックオフなんかで、安く手に入るはずです。)

 これからも、講座のお話や、府立植物園のお花を楽しみにしております。

Posted by: ほかも | 2007.07.11 at 03:36 PM

勉強のことお褒めいただいて有難うございます。この頃になって思うんですが、ヤッパリ仕事とか勉強は、するべきときにやるものと思います。18歳までにシッカリ勉強し30歳過ぎまでに勉強と仕事を、40歳以降は仕事に、旬にやる必要があるのではないでしょうか。70歳近くになって慌てて勉強しても遅すぎますわ。この時期の勉強には試験もありませんし気楽です。

それでも結果を無視して生きがいをもとめて、新しい知識に挑戦することも又楽しいものです。blogには報告しますのでご期待ください。

Posted by: hisaki | 2007.07.11 at 07:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11525/15716701

Listed below are links to weblogs that reference ランタナ(2):

« アガパンサス | Main | 彫刻鑑賞 »