« ピラカンサス(1) | Main | 師走の風景(1) »

2006.12.26

さざんか(白)

Jiksazakaimg_4884s

さざんか(山茶花)です。つばき科。日本原産。
さざんか(山茶花)とつばき(椿)は良く似ています。さざんか(山茶花)は、初秋から初冬に咲き、木の背が高く、花びらが「しわしわ」なものが多く、一枚一枚散ります。つばき(椿)は、春に咲き、花は一度に「ポトリ」と落ちます。咲く時期、木の背だか、花の散り方などで見分けられているようです。

鴻ノ巣山散策路の入り口付近で撮影しました。


|

« ピラカンサス(1) | Main | 師走の風景(1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11525/13209506

Listed below are links to weblogs that reference さざんか(白):

» ◆寒椿とサザンカの分類や開花のメカニズムの解説などにもリンク [てらまち・ねっと]
 昨日のブログは椿。そこで「椿と山茶花は違うけど、寒椿は椿の仲間でなく、山茶花と寒椿が同じ仲間なのだそうです」と書きました。 昨日の椿のブログ  でも、よく調べると、言葉が足りませんでした。    広義には、「ツバキ(椿、つばき)は、ツバキ科ツバキ属の植物の総称」であり、狭義には、「ヤブツバキ類を単にツバキともいう」ということのようです。  カンツバキ (寒椿) は、サザンカとヤブツバキとの種間交雑�... [Read More]

Tracked on 2007.01.08 at 02:47 PM

« ピラカンサス(1) | Main | 師走の風景(1) »