« スイレン(1) | Main | アンスリウム »

2006.08.06

タイリンオモダカ

Ustairinomodaka237_3788

タイリンオモダカ(大輪面高)といいます。北アメリカ及び南アメリカ原産。
池沼の鑑賞用の水生植物として広く利用されています。また、アメリカやオーストラリアでは、水田に最も多く見られる雑草だそうです。
私には、はじめて見る花でした。
なお、学名はサギッタリア・モンテウィデンシス とのことです。

暑い暑い真昼に、宇治市植物公園で撮影しました。

<参考>shu(^^). Homepage.ボタニックガーデン ・ サギッタリア・モンテウィデンシス  の項

|

« スイレン(1) | Main | アンスリウム »

Comments

オモダカの仲間は小さい花が多そうなのですが、このお花はタイリンの名前の通り大きめの花ですよね。撮影するときにはよくアリが蜜集めに来ていたりして、中々おもしろいです。

Posted by: クルンテープ | 2006.08.07 09:48 AM

暑いですねえ。
この花ですが、温室を出たところの水生植物コーナーで撮影しました。温室から、園内を一周しましたが、暑くてフラフラでした。その後、冷房が効いている緑の館で写真談義を見知らぬ方としました。当分撮影も苦行です。

Posted by: hisaki | 2006.08.07 10:00 AM

私も同じ場所でシロバナサクラタデを撮影して公開していますよ。
水生植物のコーナーは私の好きな場所ですね。

Posted by: クルンテープ | 2006.08.07 09:31 PM

確かに温室を出て、水生植物を見ると、何故かホットします。

Posted by: hisaki | 2006.08.08 10:18 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference タイリンオモダカ:

« スイレン(1) | Main | アンスリウム »