« ざくろの花(蕾) | Main | べにばなひょうたんぼく(実) »

2006.06.29

やまあじさい・くれない

Uekurenai233_3376ss


やまあじさい・くれない(山紫陽花・紅)です。あjさい科。
あじさい(紫陽花)は、日本原産です。18世紀に西洋に渡り、品種改良されて、球状で派手な、せいようあじさい(西洋紫陽花)として日本に帰ってきたそうです。日本原産のあじさいは、がくあじさい(顎紫陽花)や、やまあじさい(山紫陽花)で、写真のように中心の小さい花(両性花)と、まわりの大きな装飾花から成っているとのことです。

球状の装飾花だけになっているのが、一般的なあじさいで、花の色が成長とともに変ることが特徴で、土壌が酸性であれば青色に、中性・アルカリ性であれば赤色になります。

やまあじさい・くれないは、何でも福島県以西に分布し、花が咲きだす頃には、白色ですが大きくなるにつれ、赤くなるとのことです。

ネット検索で調べましたが、苦戦しました。あじさい学会もありますようで、極めるには難しいことを知ってしまいました。

難しいこては棚に上げて、梅雨時には、あじさいをジックリ眺めるのが宜しいようです。

宇治恵心院で撮影しました。

|

« ざくろの花(蕾) | Main | べにばなひょうたんぼく(実) »

Comments

恵心院は色々と面白い被写体がありそうですね。
行ってみたいのですが、どうしても途中の植物公園で妥協してしまうものぐさの私です。

Posted by: クルンテープ | 2006.06.30 at 09:22 AM

恵心院で、嬉しいのは、花の名前が書いてあることです。
それに四季を通じて花が見られます。

植物園を横に見て通過するのも、また、新しい見方かもです。すみません。しょうもないこと書いてしまいました。

Posted by: hisaki | 2006.06.30 at 10:08 AM

くれないやまあじさいは長野県の伊那地方で数十年まえに発見された品種だそうです。
長野県でも話題になっているみたいです。

Posted by: 紫陽花フリーク | 2008.07.16 at 02:18 PM

コメントありがとうございました。
そうでしたか。長野で見つかった品種なんですか。アジサイにもいろいろ有るんですねえ。

Posted by: hisaki | 2008.07.16 at 08:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11525/10725236

Listed below are links to weblogs that reference やまあじさい・くれない:

« ざくろの花(蕾) | Main | べにばなひょうたんぼく(実) »