« はなずおう | Main | わすれなぐさ »

2006.05.04

ゴールデンウィークの一日

Ustsutsujiimg_2361

今年のゴールデン・ウィークは五月晴れが続いています。宇治市内の住宅地にある大きな公園の、つつじ(躑躅)が咲きました。つつじ(躑躅)を見ていると、心地よい風が通り過ぎてゆきました。

Usmusiimg_2393

レンズ逆さ付け撮影に挑戦しようと「リバースアダプター」を注文していました。店に届いたの電話があり、朝一番に取に行ってきました。早速、カメラに取り付けて、つつじ(躑躅)に虫が止まるのを待ちました。ヤット、虫を写したんですが、足にピントが合ったこの写真が、中では一番の出来でした。今回は、第一回記念作としてアップしました。今日から傑作を求めての挑戦が始まった訳です。

ピントあわせが手動であること、拡大率が大きいため,被写体は小さいものに限られることなどから、難しいです。
「写真日記(by krungthepmahanakhon さん)」の「逆さ付けって?」を参考にさせていただいています。


|

« はなずおう | Main | わすれなぐさ »

Comments

ついに逆さ付け写真デビューですね。おめでとうございます。

いきなりの慣れない撮影技法でのミツバチに挑戦とは大したものです。

ミツバチは忙しく動き回りますから、ちょうちょにそっと近付いて複眼を狙うという手もありますよ。

ピントあわせなんかはカメラを前後させて合わせるのですが、慣れると、普通のレンズでも前後移動でのピント調整にも使えますよ。

Posted by: クルンテープ・マハナコン | 2006.05.05 at 06:41 PM

お蔭様で新しい分野にデビューできました。
今までと違った花の姿が見られそうです。
お世話様になりました。今後とも宜しくお願いします。


Posted by: hisaki | 2006.05.05 at 07:06 PM

リバースリング使いだと古いMFの広角(ズーム)レンズなんかも活躍の場が出てきて、おもしろいと思いますよ。

ズームレンズだと可変倍率になりますが、単焦点レンズでの逆さ付けだと倍率固定なので、定規などの目盛りを撮影しておくと、逆さ付けで撮影した被写体がどれぐらいの大きさなのか分かるというのも面白いですよ。

Posted by: クルンテープ・マハナコン | 2006.05.05 at 09:46 PM

そうですねえ。
要は口径58mmのレンズがあれば良いようです。
単体で合うのが無いか探して見ます。
手持ちは、ズームレンズです。
今日は長いズームでれんげを撮ってみました。
いろいろ有難うございます。ボチョボチ試行錯誤してみます。

Posted by: hisaki | 2006.05.05 at 11:11 PM

手持ちレンズのフィルター径が58mmでないときはステップアップ、ダウンリングで58mmにあわせるとOKですよ。

Posted by: クルンテープ・マハナコン | 2006.05.06 at 12:14 PM

いろいろ有難うございます。
考えて見ます。

Posted by: hisaki | 2006.05.06 at 04:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11525/9896312

Listed below are links to weblogs that reference ゴールデンウィークの一日:

« はなずおう | Main | わすれなぐさ »