« 冬の散策路 | Main | 恵心院の2月 »

2006.01.31

さるすべりの冬

us-sarusuberi208_0815

さるすべり(百日紅)は、夏は鮮やかな花を咲かせます。秋には果実となり、冬になると実が裂けて、中から種が飛び出します。このことを、蒴果(さくか)と呼ばれています。
ネットで検索をして、「かのんの樹木図鑑」 ・ サルスベリ の項で知りました。夏の花も見事ですが、冬の蒴果(さくか)にも郷愁をそそるものがありました。
宇治市植物公園で撮影しました。


|

« 冬の散策路 | Main | 恵心院の2月 »

Comments

 ええっ~!サルスベリって、冬はこんなになっているんですか~。
とても勉強になりましたm(_ _)m。
 花には、その季節、季節の顔があるんですね。
 

Posted by: wd | 2006.01.31 09:09 PM

私も、長いこと気がつきませんでした。身の回りの花には限界がありますので、花の四季まで掘り下げて撮影しようと思っています。

足ししげく通って、数うちゃ当たる。やっぱり、これです。

Posted by: hisaki | 2006.01.31 10:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference さるすべりの冬:

« 冬の散策路 | Main | 恵心院の2月 »