« 公園の秋 | Main | おおぎく »

2005.11.19

ななかまどの実

us-nanakamadonomiImg_0136
ななかまど(七竈)の実です。
七回もかまどに入れても、燃え残るというほど、材が燃えにくことから、この名が付いたそうです。

調べてみると、ななかまどは、「5月ごろに白い花が咲き、7月ごろには緑の実を付け、9月末ごろには赤くなる。10月ごろには、葉が紅葉を始め、秋が深まって、葉が散った後も赤い実が残る。」ことが分かりました。気が付きませんでしたが、来年は是非、白い花をキャッチしたいものです。

<参考>ネット検索で知った「木々の移ろい」 ・ ナナカマド-七竈

宇治市植物公園で撮影

|

« 公園の秋 | Main | おおぎく »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11525/7199300

Listed below are links to weblogs that reference ななかまどの実:

« 公園の秋 | Main | おおぎく »