« ポットマム | Main | るこうそう »

2005.10.13

鴻ノ巣山の秋空

ks-akinosoraImg_9798

鴻ノ巣山頂上から空を眺めました。空は高く、雲は白く、すすきが風にゆれていました。鴻ノ巣山散策路は駅から近く、手ごろな山道で、なによりも空気が綺麗です。体を鍛え、心を癒してくれる、こんなすばらしい環境は、末永く守って欲しいものです。


|

« ポットマム | Main | るこうそう »

Comments

 (尾花<すすき>)

人皆は 萩を秋といふ
よしわれは 尾花が末(うれ)を 秋とは言はむ

(人はみな萩のよさを秋というけれど、たとえそうでも、私は尾花の穂先のよさをこそ、秋といおう。)  (万葉集 巻10 2110)

 えんじ色に輝くこのススキを見ていると、上の歌が(なるほどそうかなあ。)と思いますデス。

Posted by: wd | 2005.10.14 04:47 PM

万葉集ですか。
そんな高貴なこと考えずにシャッターを切りました。それでも、なにか昔の人と通ずるものがあるうでしょうか。スミマセン、乗りすぎてしまいました。

Posted by: hisaki | 2005.10.14 06:38 PM

こんにちは。
この秋は、今日もまた雨。貴重な「秋空」です♪
きっとこんな日は、沢山の方が登っておられたでしょうね。
子供が小さい頃には、秋には
松ぼっくり・ドングリ・落ち葉を拾いによく登ってました。

Posted by: ちゃり | 2005.10.15 04:02 PM

そうです。晴れた日には、アチコチから大きな元気な熟年者の声が聞こえます。
子供さんをつれた家族ずれも土日・休日には多いです。
私は、週に一日程度ですが、もっと増やしたいと考えています。

Posted by: hisaki | 2005.10.15 09:02 PM

なぜ秋空や、月にススキが重なると気持ちよくなるのでしょうね。
いや、現代の若い人はどうかしりません。
少なくとも、Muはそういう風景を想像するだけで、気持ちが和んできます。

Posted by: Mu | 2005.10.17 05:27 PM

秋、ススキとくれば月とうさぎが浮かんできて嬉しくなります。童謡の世界でしょうか。
何歳になっても同じだと思うんですが。

Posted by: hisaki | 2005.10.17 08:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鴻ノ巣山の秋空:

« ポットマム | Main | るこうそう »