« 夕立後 | Main | みそはぎ »

2005.08.05

まんだらげ

ur-cyousenasagaoImg_9239

まんだらげ(曼荼羅華)です。ちょうせんあさがお(朝鮮朝顔)とも呼ばれています。
ラッパ状の大きな花を見ると、ドキッとして涼しい気分になりました。私にとっては清涼剤になりましたが、薬との関係が深いのでした。

華岡青洲(1760~1835)は、この曼荼羅華の茎や根を精製し、全身麻酔薬「通仙散」を完成させた。この「通仙散」の人的効果を試すために、妻や母に用いたという話は、「華岡青洲の妻」としてよく知られている。

ネット検索で知った大江医家史料館曼荼羅華から引用

朝の10時ごろ、宇治ローンテニスクラブのフラワーゾーンで許しを得て撮影しました。


|

« 夕立後 | Main | みそはぎ »

Comments

 金曜時代劇「華岡青洲の妻」(テレビドラマ)で、主人公加恵と青洲の母がこの曼荼羅華を育てているシーンが出てきてました。
 こういう花だったんですか。ドラマでは畑いっぱいにこの花を栽培していました。
 夏に咲く花だったんですね。

Posted by: wd | 2005.08.05 05:44 PM

残念ながら、テレビドラマ見ませんでした。タッタ花を写しているだけですけど、世の中に関係あるんです。一芸に秀でた人が、他分野のことにも秀でられるわけが今頃分かりました。

Posted by: hisaki | 2005.08.05 06:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference まんだらげ:

« 夕立後 | Main | みそはぎ »