« 花と水のタペストリー | Main | おおはんごんそう »

2005.07.10

観蓮会

kf-zoubihaiImg_8987
花空間けいはんな(京都フラワーセンター:名称変更)で、観蓮会が開かれ参加してきました。ハス文化のお話し、花ハスの現地説明があって、極め付きはハス茶・ハス葉茶をいただいた後の象鼻杯です。ハスの葉の中央に穴を開け、そこに酒を盛って茎を曲げて飲みます。その様が象の鼻に似ていることから象鼻杯といわれ、中国では古来から貴人の間で好まれてきたそうです。
これに、ハス飯がついて、参加料1500円也でした。(別に入園料500円が必要です。)

風流な一日でした。

<お断り>写真の人物は肖像権を保護するため「ぼかし」処理をしました。


|

« 花と水のタペストリー | Main | おおはんごんそう »

Comments

 ( 象鼻杯)
ユニークですね。ハスの茎は、ふきみたいに、中が空洞になっているということでしょうか。

 (ハス飯)
お味はどうでした?ごはんをハスの葉で包むのでしょうか?それともハスの葉を切って、ごはんに混ぜ込むんでしょうか?

Posted by: wd | 2005.07.11 at 01:21 PM

(象鼻杯)
そうなんです。茎の中がホースみたいになってるんだと思います。茎の中を酒が通る間にハスの成分が溶けて、ほろ苦いなんともいえない味は格別でした。残念ながら車でしたので、チョットだけしか飲めなかったです。今度機会がありましたら、バスかなんかで行って、許される範囲で飲んでみたいです。当日は、30人で一升瓶一本でした。

(ハス飯)
ハスの実です。丁度えんどうご飯を想像してください。ハスの実は花が咲いたあとで収穫したんだと思いますが、町でも売っているようです。
コリットして美味しかったです。

食べたり、飲んだりが中心で、作り方まで気がいってなくてごめんなさい。

Posted by: hisaki | 2005.07.11 at 02:01 PM

初めまして。

トラックバックありがとうございました。
ハス酒を飲む様子の写真があったいいな~と思っていましたので、とても嬉しいです。

充実した日々をお過ごしのご様子、
ホームページも拝見させていただきました。
花の写真を楽しみにしています。

これからも宜しくお願いします。

Posted by: hana | 2005.07.26 at 10:36 PM

コメント有難うございます。
ブログ花日記のハスの項で、象鼻杯のことが話題になっている記事を拝見してトラックバッグさせていただきました。

ハスって奥の深い花のようです。深くは分かりませんが、フアンの一人として、末永くハスの栽培が続けられて、ハス文化が栄えることを願うばかりです。

hanaさんは、花のプロのご様子。Blogを通じて教えていただこうと思っています。
こちらこそ宜しくお願いします。

Posted by: hisaki | 2005.07.26 at 11:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11525/4912121

Listed below are links to weblogs that reference 観蓮会:

« 花と水のタペストリー | Main | おおはんごんそう »