« May 2005 | Main | July 2005 »

2005.06.29

のうぜんかずら(1)

ue-nouzenkazuraImg_8880
のうぜんかずら(凌霄花)です。暑いときに公園や建物の塀や壁に鬱蒼と茂っています。
今日は、昼過ぎに夕立がありました。久しぶりの雨でした。夕立が過ぎ去った直後に、宇治の恵心院で撮影しました。境内も一瞬ですが、涼しい風が通り過ぎました。

「凌」は”しのぐ”、「霄」は”そら”の意味で、つるが木にまといつき天空を凌ぐほど 高く登るところからこの名がついたそうです。

<参考>Yamamotoさんの季節の花・300 ・ 凌霄花 (のうぜんかずら) の項


| | Comments (5) | TrackBack (1)

2005.06.27

空梅雨?

js-mukugeImg_8833
今年は空梅雨なんでしょうか。とにかく暑かった。
自宅近所の久世神社にもうむくげ(木槿)が咲きだしました。強烈な太陽の光に木の葉の間から、花があぶり出されているみたいでした。
かまきりもいたんでしょうか。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.25

ハスのつぼみ

kf-hasu-Img_8785

今日の天気は真夏でした。あつい!あつい!日に元京都フラワーセンター(改称後:花空間けいはんな)に行ってきました。ハスが咲きかけていました。不思議ななもので、水生花園をバックにしてハスを見ていると、一時(いっとき)、あつさを忘れていました。

ほかもさんのBlog:それからで、「 ★2005上半期 ほかもの勝手にベスト3~『flower』篇」と題して、私のBlog特集を組んでくださり、恐縮いてしまいました。頑張って続けんといかんでと自分に言い聞かせています。どうも有難うございました。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.06.23

きばなせんにちこう

us-sennnichikouImg_8767
梅雨というのに雨は降らず、蒸し暑い毎日が続いています。宇治市植物公園のフラワーブリッジを渡っている時に、きばなせんにちこう(黄花千日紅)が目に飛び込んできました。イチゴのように食べられませんが、元気を貰いました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.06.20

はなざくろ

js-hanazakuro183_8383s

はなざくろ(花石榴)です。町内の公園の木に、何時ごろから見られるようになりました。残念ながら、実は生りません。はなざくろは花木として観賞用に改良されたザクロの園芸品種だそうです。

上が蕾。下が花です。

js-hanazakuro183_8388


| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.06.18

トルコぎきょう

urtorukokikypu186_8658s

今日は、梅雨の中休み。朝から週一回のテニスに行ってきました。暑かったです。
そんなテニスクラブにトルコぎきょう(トルコ桔梗)が鉢植えされていました。
桔梗に似ていて、花のひらいた形がトルコ人の ターバン(頭に巻くタオル)に 似ていることから、この名がついたそうです。

ゲームでは、70歳中ごろの方が一番元気でした。参りました。

<参考>Yamamotoさんの季節の花300 ・ トルコ桔梗(トルコぎきょう)の項

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.06.16

ばら(2)

us-bara185_8548s

梅雨です。まだ始まったばかりですが、早くすっきりした天気になって欲しいものです。
ばら(薔薇)です。まだ入梅していなかった先週、宇治市植物公園で撮影したものです。
遠くから眺めてみると一層美しいものでした。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.06.14

花しょうぶ池

kj-shanasyoubu186_8634
鴻ノ巣山散策路の花しょうぶ池に花しょうぶが咲き始めました。木々と花しょうぶとが不思議に調和しています。市街地から約2キロメートルほどで深山の雰囲気が味わえます。
花しょうぶが咲くと、来年の梅まで鴻巣山では、花が見られません。これからは、もっぱら緑で楽しみ、やがて紅葉へと向かいます。四季を通じて心やすらぐ散策路です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.06.12

サボテン

js-sabotenmg_8588
サボテン(仙人掌)です。
昨年の今頃、テニス仲間のFさんから観察用に一鉢もらって、徹夜で観察と撮影をしましたが、良い写真ができませんでした。その後、玄関脇においていたんですが、今朝見事に咲きました。

先日会った時に、サボテンの撮影お願いしたところでした。今度、テニスでFさんい会ったらキッチリお礼をいわなければ。

サボテンには、砂漠のイメージがありますが、実際には、雨が多く降る時期が必要らしいです。そういえば、我が家でも外に雨ざらしにしていました。

<参考>AtsusiYamamotoさんの 季節の花300 ・ 仙人掌(サボテン)の項

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.06.10

やまあじさい

us-yamaajisai185_8526s
やまあじさい(山紫陽花)です。
周辺の白い大きな花は、じつは装飾花といって愕(ガク)が発達したもので、中央の細かい多数の花が種子を作るいわゆる花だそうです。
今日は曇りで異常に蒸し暑く、いかにも梅雨近しの感じです。あじさいの出番です。
宇治市植物公園で撮影しました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.06.08

ゆり

us-yuri184_8490ss
ゆり(百合)です。
宇治市植物公園では、「ユリ展」が開かれていました。初日であったためまだ蕾が多かったですが、写真の「セベコデージル」というゆりが目立っていました。
ゆりといえば、野原に咲くリリシー花を思い起こします。写真のゆりは、LAハイブリッド系(最近の品種)でてっぽうゆりすかしゆりの掛け合わせて作られたものだそうです。

<参考>ネット検索で知った、真狩村 村づくり研究会 ♪ 今年の品種です。♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.06.06

すいせんのう

jk-franneru184_8403
すいせんのう(酔仙翁)です。別名=フランネル草。
全体に白い綿毛が覆っていて、花は真っ赤ですが落ち着いた感じがします。フランネルという織物を連想することから別名、フランネル草ともよばれています。
せんのう(仙翁)の名は、京都嵯峨野の仙翁寺がこの花を出したことからともいわれているそうです。
例の鴻ノ巣山の麓の菜園で撮影しました。
<参考>AtsusiYamamotoさんの季節の花300 ・ 酔仙翁(すいせんのう)の項

一昨日の4日(土)は地域のOB会があり、「笑顔サロン~身のおしゃれ 心のおしゃれ~」と題して、楽しいお話し聞いてきましたのでその要旨をご紹介します。

お話しの要旨を一口で言えば、
おしゃれに年齢をかさねましょう。
心のおしゃれな人とは、①笑顔の素敵な人②ユーモアあって楽しい人③人に対する思いやりのある人
など

私は、このお話しを聴いて、高齢者と呼ばれている年代の人々が、みんな「おしゃれ」になったら、アッチでもコッチでも笑い声の絶えない、明るい、楽しくて仕方ない世の中になりそうな気がしました。できればこんな、ジイーさんになりたいものです。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.06.04

たちあおい

jk-tachiaoiImg_8489sss
たちあおい(立葵)です。
やや傾きかかった太陽に輝いていました。
鴻ノ巣山散策路の帰りに麓の道路脇の菜園で写しました。
ほぼ雑草です。

もっと輝け!美しい色でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.02

やぐるまぎく

jk-yagurumasouImg_8441
やぐるまぎく(矢車菊)です。別名=やぐるまそう(矢車草)
鴻ノ巣山の麓の道路わきに咲いていました。何年か前に植えられたんでしょうか、雑草状態でむしろ親しみを感じました。そういえば、子供の頃に麦畑でよく見かけたもです。
花の形が矢車に似ていることからこの名がついたそうです。
<参考>Aokiさんの植物園へようこそ ・ ヤグルマギク(矢車菊)の項

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »