« ナルシサス・カンタブリクス | Main | ウナズキヒメフヨウ »

2005.01.25

ドンベア

kf-donbea161_6198

ドンベアという珍しい花です。くす玉のような花の形で、桃色のほか白色も咲いていました。芳香も心地よかったです。それに、今年のドンベアは、去年に比べ整形手術をしたかのように整って見えました。京都フラワーセンターの観覧温室で撮影しました。

このところ、寒さもひと休みしていますが、鴻ノ巣山散策路のやすらぎ広場の梅は、蕾も固く、マダマダと言ったところでした。早く春の息吹を感じたいものです。

|

« ナルシサス・カンタブリクス | Main | ウナズキヒメフヨウ »

Comments

一瞬、紫陽花(アジサイ)かと思いました。
 ナルシッサスといい、ドンベアといい、まだまだ知らない花が、たくさんありそうです(笑)。

 温室ということは、海外品種なんでしょうね。

Posted by: wd | 2005.01.26 at 11:56 AM

そう言えばアジサイに似てます。
原産地は、東アフリカ・マダカスカルとのことです。温室は冬が出番です。温室の花の中では、ドンベアが一番綺麗で豪華で匂いがすばらしいと思います。
早く野山の花が見たいものです。

Posted by: hisaki | 2005.01.26 at 03:16 PM

こんばんは。
私も先週フラワーセンターへ行きました。
毎年ドンベアを見るのが楽しみでこれで3年連続になりました。
同じ温室でケストルム・パルクイという花も咲いていました。
タグを書き入れますので上手く見れないときは削除をお願いいたします。
ケストルム・パルクイ(厚葉夜香木)

Posted by: poron | 2005.01.27 at 05:34 PM

タグ書き込みはOKのようですが。。

Posted by: poron | 2005.01.27 at 05:41 PM

驚きました。写真コメントに投稿できるんです。
新発見でした。
>ケストルム・パルクイ
美しいですね。見過ごしていました。今度、行ったとき見ます。
どうもありがとうございました。
今後とも、お互いに研究しましょう。

Posted by: hisaki | 2005.01.27 at 07:13 PM

ドンベアなんて生まれて初めて観る、珍種と感じました。
まず、綺麗です、としか言葉を知らない。
次に。
DNAの妙というか、これだけの花びらが干渉を最小限にして独立して咲き、どれも突出したり、しなびたりしていない。
不思議でなりません。

Posted by: Mu | 2005.02.02 at 08:38 PM

有難うございます。

ドンベアはアフリカ東部からマダガスカル島原産の、アオギリ科の熱帯花木です。

私も、何回か見ていますが、今年の花は整っています。

Posted by: hisaki | 2005.02.02 at 09:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11525/2691533

Listed below are links to weblogs that reference ドンベア:

« ナルシサス・カンタブリクス | Main | ウナズキヒメフヨウ »