« アネモネ | Main | ドンベア »

2005.01.23

ナルシサス・カンタブリクス

jsnasirazu161_6145

ナルシサス・カンタブリクスと言います。「すいせん」の一種とのことです。
一昨日、鴻ノ巣山散策路の帰り道、クラゲみたいな花が目に入りました。それでも、花の名が分かりませんので、poronさんのホームページ山田池公園デジカメ散歩・掲示板に映像を送って尋ねました。すぐに、

この花はスイセンの一種でナルシサス・カンタブリクス(Narcissus Cantabricus)といいます。
原種系の花で冬季にさきだします。
同じく黄色い花にナルシサス・バルボコディウム(Narcissus bulbocodium)がありますが少し遅咲きのようです。
この時期大変に可愛く可憐に咲き出します。

の返事が返ってきました。これまで、写しても花名が分からずUpせずに、没にした写真がありますが、助かりました。
インターネットって、こんなこともできるんです。poronさんありがとうございました。

|

« アネモネ | Main | ドンベア »

Comments

変わった花だな~と思ったら水仙の一種ですか。
そう言われてみたら、似ていますね。
真ん中が大きいだけで、全く異質なものに見えるから不思議。
珍しい(?)花をこうして紹介して頂けるのは嬉しいです。

Posted by: うこ | 2005.01.25 at 04:04 PM

ありがとうございます。
私も、水仙と思ってシャッターを切ったのではありませんでした。
やっぱり、花の名を気にせず、綺麗と思ったら写すことも肝要と悟りだしました。

Posted by: hisaki | 2005.01.25 at 05:44 PM

もしかしたら、これがギリシャ神話のナルシス由来花なのかな。たしかに小綺麗だと思います。薄い花びらがよいです。

Posted by: Mu | 2005.02.02 at 08:31 PM

正式な”学名の“Narsissus”(ナルシッサス)は、ギリシャ神話に登場する美少年の名前に由来するそうで、美少年が泉に映った自分の姿に恋をし、毎日見つめていたところ一本の花になってしまった。それが水仙で、“ナルシスト”の語源だと言うのです。

さすがです。上記は、ネット検索の引用です。
恐れ入りました。

Posted by: hisaki | 2005.02.02 at 08:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11525/2669743

Listed below are links to weblogs that reference ナルシサス・カンタブリクス:

« アネモネ | Main | ドンベア »