« ユリオプス・デージ | Main | 秋の色 »

2004.12.02

サフラン

us-safuran156_5652.jpg
サフランです。花言葉は歓喜。
小春日和が続いています。陽気に誘われて宇治市植物公園に行ってきました。自宅から車で10分です。なにしろ、この4月に年間パスポートを買ったものですから、何回行っても同じです。3回で元が取れます。
紅葉は、終わりかけでしたが、美しかったです。
紅葉が主役でしたが、ハーブコーナーで「サフラン」を見つけました。美しい花に出会ってホットしました。この花、古くから、染料や薬、料理に使われてきたそうです。
春に咲く「クロッカス」、夏の「サフランモドキ」に似てます。
<参考>AtsusiYamamotoさん季節の花300サフランの項

<追記>サフランについてのサイト「Saffron House」をYahoo検索で見つけました。

|

« ユリオプス・デージ | Main | 秋の色 »

Comments

え?これがサフランなのですか。

確かイタリア料理とかスペイン料理では、御飯に一緒に入れるときは黄色いですよね。

本当の花の色はこんな、色をしているんですね。驚きました。

Posted by: jo | 2004.12.02 at 11:56 PM

 hisakiさんのおかげで、「宇治市植物公園」が身近なものとして感じられるようになりました。(一度、行ってみたいなあ~~。)
 植物園でも、この時期は、クリスマスイルミネーションをするんですね。夜の植物園って、ロマンチックですね。

 サフランは、水栽培で育てたことがあります。ホント、クロッカスのようでした。

Posted by: wd | 2004.12.03 at 08:19 AM

JO さん
実は、私も初めてサフランのこと知りました。料理とか役に立つのは赤色の「めしべ」で大変貴重なもののようです。黄色の「おしべ」は邪魔者のようです。詳しくは、<追記>でサイトを引用しましたのでご覧ください。いろいろ研究されていて、驚きです。
どんな花でも、よく研究されてサイトがあります。なにごとも深いものがあります。感心しています。

Posted by: hisaki | 2004.12.03 at 09:20 AM

Wd さん
宇治市植物公園の紅葉は今週の土日が最後かと思います。JR宇治駅からバスですぐです。今年の紅葉は見ごたえがありました。
サフランがこんな効用がある花とは知りませんでした。「花は咲くもの」と思って生きてきましたが、奥が深いものと再認識しています。

Posted by: hisaki | 2004.12.03 at 09:28 AM

上記に、JOさんのコメントがありましたが、サフランというと、料理を思い出しますね。花の鮮やかさは、知りませんでした。花名がカタカナだと、気持ちまで派手に感じます。和名花だと目立たない地味な。

Posted by: Mu | 2004.12.04 at 02:48 PM

花屋さんが上手に売れそうな名前を付けるみたいです。
私などには、日本語の方が分かりやすいです。
サフランの料理食べた記憶ないです。Blogをやっているといろんなこと覚えます。

Posted by: hisaki | 2004.12.04 at 05:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11525/2131958

Listed below are links to weblogs that reference サフラン:

« ユリオプス・デージ | Main | 秋の色 »