« 秋の日ざし | Main | なすのはな(通称) »

2004.10.21

せいたかあわだちそう

js-seitakaawzdachisou152_5204.jpg
せいたかあわだちそう(背高泡立草)です。戦後、各地で大繁殖。
この花が咲く頃になると、クシャン!クシャン!大花粉症です。やっぱり原因のようです。

雑草は、踏まれても、叩かれてもびくともしない。それどころか、かえって強くなる。そんな逞しさに共感を感じます。
自宅の近くで写しました。

<参考>Atsusi Yamamotoさんの季節の花300

|

« 秋の日ざし | Main | なすのはな(通称) »

Comments

この草は千葉のラジコン飛行場の廻りに仰山生えています。

つい先日も車で飛行場から抜け出そうと、細い路を走ると廻り一面がこの草でした。

大層な生命力だそうで、外来種だそうですね。千葉でも在来種のような、大顔ではびこっています。

Posted by: jo | 2004.10.22 01:01 PM

千葉の方でも元気なんですか。
今日も、京都府北部方面に行ってきましたけど、川原には、台風などもろともせずに、シャンとしてはびこっていました。呆れました。

Posted by: hisaki | 2004.10.22 04:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference せいたかあわだちそう:

« 秋の日ざし | Main | なすのはな(通称) »