« ききょう | Main | むくげ »

2004.06.28

クレオメ

j-mukuore140_4020.jpg

このごろ、道端や軒先でよく見られます。
この花は別名を「せいようふうちょうそう(西洋風蝶草)」、
花言葉は「秘密のひととき」というそうです。

昨日は、在京大江町人会が開催され、私も会員であり、
出席しました。懐かしい友人に会い、楽しいひと時を過ご
しました。

大江町は京都府北部の町で、鬼で知られ鬼の博物館もあります。

|

« ききょう | Main | むくげ »

Comments

 子どもがまだ小さかった頃、網野へ海水浴へ行く途中、
大江町のすぐ近くを通りました。「鬼の博物館」へも
立ち寄ろう、といいながらできずじまいになっています。

 hisakiさんは、自然豊かな土地でお育ちになったんですね。

 「大江山 いく野の道の 遠ければ
          まだふみも見ず 天の橋立」の句を
思い出しました。

 (お花と関係のないコメントになってしまって、
  ごめんなさい。ペコリ・・)

Posted by: wd | 2004.06.29 04:43 PM

そうなんです。
大江山は、日本人の富士山みたいな存在でした。
鬼も有名になって、鬼学会もあります。

鬼がいたのは、京都西京区の大枝の辺だという
説もあるみたいです。


Posted by: hisaki | 2004.06.30 09:31 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference クレオメ:

« ききょう | Main | むくげ »